【電子ミラー型】JADO G810をセットアップ【ドライブレコーダー】

ドライブレコーダー

家人から「車を新しく買ったので、ドライブレコーダーを取り付けてほしい」という要望がありました。

前の車は十何年も乗ったボロの軽だったのですが、さすがに新車を買ったのでドライブレコーダーを欲しがったようです。まあ気持ちはわかります。

今回の記事では、コストパフォーマンスが高い JADO G810 の紹介と、内容物の紹介と取り付けについて簡単ではありますが記事にしてみました。

ご参考になれば幸いです。

結論:自力取り付けできればAmazonで売っている中華製ドラレコがオススメ

煽り運転が厳罰化される現在、ドライブレコーダーは必須のアイテム

道路交通法の改正により、煽り運転がより厳罰化されました。ドライブレコーダーを装着する側は煽り運転をするわけではありませんが、いつ煽り運転をする輩に絡まれるかわかりません。

また、万が一交通事故等に巻き込まれた場合でも、警察からは「ドライブレコーダー装着していますか?」と聞かれることも最近は多いようです。決定的な証拠になるからですね。

ずいぶんと価格も下がってきていますので、ドライブレコーダーは必須の装着アイテムになっているのが実情です。

自分で取り付けられるのであれば、ネット通販は有力な手段

ドライブレコーダーは前方のみのカメラと前方・後方のカメラセットになっている製品がありますが、万が一(後ろからの追突など)を考えた場合、後方のカメラも装着しておきたいところです。

そこで問題になってくるのが装着にかかる費用・工賃です。

カー用品大手の「オートバックス」さんの取り付け工賃ですが

【目安工賃】1カメラ 5,500円~ (税込6,050円~)
2カメラ 15,000円~ (税込16,500円~)
【目安時間】30分~(2カメラは各店舗に お問い合わせ下さい)
※車種・取付方法によって異なります。

となっています。2カメラの場合、15,000円からなので、当然の費用感ではありますが中々のお値段です。

ただ、2カメラのドライブレコーダーも取り付けはそこまで難しくありません。完璧に綺麗に配線をしたい場合(電源をヒューズボックスから取る、バックギアとの連動をするなど)はプロに任せた方が無難ですが、普通のドライブレコーダーの録画機能レベルであれば素人取り付けでもいけます。

素人取り付けでも良い場合、ネット通販であれば目安工賃の価格程度でドライブレコーダーを装着できるようになります。

ミラー型のJADO製は価格も手頃で機能も十分

2カメラのドライブレコーダーでオシャレでおすすめなのは「電子ミラー型」のドライブレコーダーです。ルームミラーに映像が映るので、近未来感が半端ないですね。

電子ミラー型のドライブレコーダーも様々なメーカーから製品が出ていますが、価格も安く性能も良さげなのがJADOというメーカーの製品です。中華製ではありますが、レンズはソニー製を採用しており性能は必要十分な印象です。

ドライブレコーダーの調達

JADO製電子ミラー型ドラレコはAmazonや楽天で取扱あり

JADO製の電子ミラー型ドラレコですが、Amazonや楽天などの大手ECサイトで取り扱っています。楽天よりもAmazonのほうが価格は安いようです。

Amazonではおすすめに挙げられ、定期的に安くなっている

また、JADOのG810という製品は「Amazon’s Choise」にもなっており、定期的にセールになっています。プライムデーや年末のサイバーセールなどで狙えば、かなり安く買うことができそうです。

私も一時的にセールを行なっていたタイミングで、JADO G810を購入してみました。購入した際の価格は、10,385円! かなり安く大丈夫なのか??と心配になりながらも、頼まれていたこともあり購入してみました。

開封の儀

在庫潤沢のようで、注文後2日程度で届きました。

では、中身を確認していきましょう。開封の儀です。

化粧箱はブラックでした。電子ミラー型なので細長い外箱になっています。

最初に箱を開けたタイミング。Apple製品と同じように、まず製品を全面に出すパッケージングです。流行りというかこれが当たり前になりつつありますね。

内容物一式を取り出してみました。1万円強のセットとは思えない内容物の数々です。順に確認していきましょう。

ドライブレコーダー本体

ルームミラーに取り付けるドライブレコーダー本体です。背面にレンズと型番とシリアルナンバーの記載があります。日本車用にレンズは右側についています。

フロントレンズ部

フロントレンズ部を拡大してみました。レンズはソニー製のIMXセンサーを搭載しているようです。
レンズ部は向きを手動で変えることも可能です。

メモリーカードスロット

ドライブレコーダー上部にはケーブルの接続端子とメモリーカードスロットがあります。
左から順に、リアカメラケーブル、GPSケーブル、メモリーカードスロット、電源ケーブルのようです。
メモリーカードは購入時から装着されていました。Amazonの紹介ページにもセット品である旨の記載があります。

入っていたメモリーカードは、Lexar製の32GBでした。128GBまで認識するようです。
当面は32GBで上書きして使うため、新たに買う必要はないと思います。

リアカメラ

リアカメラは、3Mのテープがついているアダプタもついています。

GPS

GPS受信用のユニットです。

電源ソケット

電源給電用のシガーソケットです。
すでにシガーソケットを別の用途で使っている場合は、シガーソケットを増やす増設ソケットを準備した方がよいですね。

クルマにセットアップ(スズキ:アルト)

では、これらの内容物をクルマに取り付けていきましょう。
家人の新車は、スズキ・アルトです。

ルームミラーに取り付け

まず、電子ミラー型ドライブレコーダーをルームミラーに取り付けます。

内容物の中にドライブレコーダー本体とルームミラーを取り付けるバンドのようなものがありますので、これを使います。

取り付けて、外側から撮影してみました。
G810はフロントのカメラ部分をスライドさせることができるので、スライドさせた状態であればルームミラーに干渉せず撮影することができます。

リアカメラの取り付け

続いて最大の難関、リアカメラの取り付けです。
内容物の中で一番長いケーブルが、ドライブレコーダーとリアカメラを繋ぐケーブルです。黒のケーブルと赤いケーブルがありますが、赤いケーブルはバックギア連動用のケーブルなので必要なければ接続する必要はありません。黒のケーブルをリアカメラまで繋げる必要があります。

途中の取り付け過程は省略しましたが、大まかには内装のカーペット素材の部分とウェザーストリップを外しつつ、ケーブルを隙間に挿入・隠しながらリアカメラ部まで配線していきます。
リアカメラ本体はブレーキのバックランプの下に取り付けました。室内へのカメラ設置ですが、大きな問題にはならないと思います。

GPSの取り付け

GPSの受信部とケーブルもリアカメラケーブルと同様に、内装の隙間に隠しながらフロントダッシュボードにセットします。

電源の取り回し

電源はシガーソケットから給電します。電源ケーブルは助手席側から取り回しを行いました。運転席側を取り回す場合、万が一ですがケーブルとブレーキ・アクセルと干渉する可能性があり、運転に大きな支障となるため避けたいところです。

起動!

全ての配線は終わったところでエンジンを始動しましょう。エンジン始動で自動的に電源ON・録画開始となります。

リアカメラ・GPSも認識し高精細なリア画像が表示されました。1万円ちょっとの性能とは思えません!

画面をタッチすることで各種設定を行い、これで設置完了です。

まとめ:近未来感があるミラー型ドラレコはオススメ

中華製ではありますが、コスパの高い JADO G810 電子ミラー型ドライブレコーダーを紹介しました。

自力での設置は慣れが必要ですが、1万円ちょっとで2カメラの電子ミラー型ドライブレコーダーが購入・装着できるのはかなりのお得感がある製品になっています。

JADO製のドライブレコーダーは異なる型番を1年以上別の車で使っていますが、大きな問題なく現在も継続使用できています。
(たまにドアの開け閉めで録画の保護モードが発動しますが、総じて問題なし)

交通事故や変な輩に絡まれてからでは遅いです。ドライブレコーダーを装着し安心・安全な運転を心がけましょう。

以上、参考になれば嬉しいです。お読みいただきありがとうございました。

コメント