今日から復帰

メンタルヘルス

本日から仕事に復帰しました!

4月中旬に「うつ状態」と診断され1ヶ月の長期休暇に突入しましたが、症状も回復し制限がありながらも職場に復帰することができました。

復帰時の制限と、周囲の反応について書いてみたいと思います。

復帰時の制限とは?

私の場合ですが、復帰するときの産業医から条件は

・1ヶ月間は1日4時間のみの勤務とすること。

・残業はしないこと。

・フルタイムに戻す場合は、主治医・産業医との面談を行うこと。

でした。

1ヶ月も休むとさすがに復帰するのが心配というか怖くなっていたのが正直な心境でしたので、制限を外部からかけてもらって安心していました。

ただ、これは復帰の条件として良くないと今でも思うのですが、「うつ状態」の原因となった職場にそのまま戻るという状況になっていました。

てっきり、別の職場で少しづつ慣らしながらの出勤と思っていたので、

「果たして急に1ヶ月も休んだ人間を受け入れてもらえるのだろうか…?」

という不安感が復帰直前になって出てきていたのも事実です。

同じ職場へ復帰、周囲の反応は?

復帰した私を待っていたのは、お客様や同僚からの温かい言葉でした。

「元気になった?」

「体調が最優先。休んだのは仕方がないこと。」

「徐々にやっていけばいいよ。」

「前面に立たずにやらなくてもいいから。」

…本当にありがたかったです。

長期間休んでおそらく迷惑もかけていたとは思うのですが、誰もその事について咎める人はいませんでした。私の直前の心配は杞憂に終わったようです。よかった…。

「うつ状態」になる直前までやっていた私の業務は別の方が担当されていました。一部は私しかわからない内容もあり、勤務時間の制限がある中で共有していくのが主な業務になりそうです。

 

今後ですがもちろん心配はあります。

実際に「うつ状態」になった職場に復帰したのですから、人間関係的なところや業務がもし回らなくなったらいつ再発してもおかしくないと思っています。

実際、複数ある「うつ状態」になった原因の一つに『難しいお客様とのコミュニケーション』があるのですが、早速その方とも本日会ったりしています。正直な所、あまりいい気分はしませんでした。気にしないように努めますが、忌まわしき記憶がリフレインしてくるのは嫌なことです。

もし、あなたの職場に復帰する人がいたら

メンタルが原因で長期休暇を取りあなたの職場に復帰する人がいたら、少しでもいいので

温かい言葉

をかけてあげてください。短くてもかまいません。

そして、以前の仕事量はできませんが、本人なりに努力しようとしているのを理解してもらえると嬉しいです。