道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」に行ってみた

函南町

先日オープンした伊豆縦貫道(伊豆中央道)沿いにある、道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」に行ってきました。
平日の午後2時頃ということで比較的人も少なかったですが、新しい道の駅を簡単にレポートしてみたいと思います。

伊豆ゲートウェイ函南 の場所

伊豆ゲートウェイ函南は伊豆縦貫道の函南塚本インター(縦貫道の現時点の終点)から、伊豆中央道に入ってすぐ左側にあります。
文字にするとわかりにくいので、詳細は下記google mapで確認してください。

道の駅の入り口は中央道に左折専用レーンがあるので、左折後の側道沿いに入口があります。道の駅に入らずに直進するとサークルKの交差点にあたりますが、センターラインがなくやや幅の狭い道路です。

伊豆ゲートウェイ函南 の施設

駐車場は113台止めることができるようです。EV用の駐車スペースも2台分のみですが確認しました。

駐車場から見た、伊豆ゲートウェイ函南の外観です。2017年5月にオープンしたばかりなので、非常にキレイな状態でした。

施設としてはレストラン2軒と物販所とカフェとコンビニがあります。この日はコンビニ(セブンイレブン)には行ってみましたが、全ての施設が回廊で繋がっているので雨の日でも回りやすい設計になっています。

回廊の真ん中には中庭的なスペースがあります。暑い日だったのであまり人はいませんでしたが、中央部分に道の駅の2階部分に上る階段があります。写真はセブンイレブン側から中庭を撮ったものです。

施設内はお店のほかにも案内所がありました。場所的に伊豆の入り口になるので、伊豆各地の案内がされているようでした。

2階部分からは狩野川堤防沿いにある川の駅と伊豆中央道が見えます。天気が良ければ富士山も見えるようです。

伊豆ゲートウェイ函南には狩野川堤防沿いから入れる歩行者+自転車用の陸橋があり、2階部分に駐輪場があります。ウッドデッキ風になっているので自転車で来た場合は非常に気分が良いと思いますよ。

もちろん1階部分にも駐輪場(ロード用のスタンドなのかな…?)があります。2020年東京オリンピックの自転車競技会場が伊豆半島にあることから、現在伊豆周辺では自転車関連の様々な整備が急ピッチで行われています。

この伊豆ゲートウェイ函南も例外ではなく、併設されているカフェも自転車もモチーフにしたカフェになっていました。

伊豆ゲートウェイ函南の隣は「山本食品」さんの三島わさび工場があります。「山本食品」さん側とは歩行者通路があるので相互に行き来することが可能です。

伊豆ゲートウェイ函南の特徴は他の道の駅と比べて

・サイクリストの誘致に力を入れていること

が、目立った特徴だと思います。私も自転車に乗らなくなって久しいですが、久しぶりに乗って行ってみたいと思わせる道の駅でした。

コメント