【日本橋】九州じゃんがら日本橋店に行ってみた

日本橋

平日の夜に都内で飲み会があったのですが、〆のラーメンが食べたくなるのはいつもの事。
たまたま宿泊予定のホテル近くに九州じゃんがらの店があったので、本当に久しぶりに食べに行きました。

スポンサーリンク

九州じゃんがら日本橋店の場所

九州じゃんがら日本橋店HP

九州じゃんがらは都内に複数の店を構えていますが、今回伺ったのは日本橋店になります。
私は秋葉原の本店しか行ったことがなかったので、日本橋店に行くのは初めてでした。

逆光でわかりにくくなっていますが、店の外観です。
地下鉄の日本橋周辺の各駅から歩いて数分の位置だと思います。
野村証券本社の南側っていえば場所的には適切なんでしょうか。

九州じゃんがらの秋葉原本店におけるスープの種類としては、
「じゃんがら(東京豚骨)」のみの提供(夜間で別スープの提供があったかも…)となっていた記憶があります。
※上記は昔の記憶(2003年頃)なんで現在は本店でも提供しているはずです。
日本橋店では「こぼんしゃん(熊本豚骨)」と「ぼんしゃん(博多豚骨)」の提供もありましたので、
ここは迷わず「ぼんしゃん角肉明太」を頼んでみました。

ぼんしゃん角肉明太を食す

ぼんしゃん は博多豚骨系ですのでかなり濃いめのスープです。
人によって好みが分かれると思います。
濃いめのクリーミースープに明太子の辛さが絶妙にマッチして、
濃い・辛い中での絶妙な相性の良さを醸し出しているといっていいでしょう。
角肉はチャーシューもある中で頼んでしまっているので、
若干蛇足感は否めませんが普通に美味しいと思います。(長崎しっぽく風角肉と謳っていますね)

スープを完全に飲み干してしまうと人によっては胃もたれ等で次の日に残るかもしれません。
ただ「ぼんしゃん」にはやみつきになる魔力があると感じます。
九州じゃんがらの各店で「ぼんしゃん」は普通に提供していると思いますので、
疲れた時のとんこつの濃いラーメンを求める時にはオススメだと思っております。

コメント