BL型 マツダ・アクセラの車内灯をLEDに変更してみた

自動車

BL型アクセラを長年乗っていますが、車内灯はそのまま純正だったので
イマイチ暗い状態で使っていました。
これだけLED化が進んでいるので、車内灯もLEDにしたいと思うようになりますよね。

この記事ではBL型マツダ・アクセラに社外品の格安LEDを
購入・セットするまでの過程を記事にしたいと思います。
記事に掲載しているLEDを車内灯に変更してみて、あまりの明るさに驚きました。
同じBL型マツダ・アクセラをお持ちの方は、社外LED車内灯の購入ガイドになるかと思います。

交換する車内灯のパーツを確認する

LED化するにあたり、どの部分の車内灯を交換するかを決めるのが先決です。
BL型アクセラの場合、車内灯は…

  • 運転席、助手席部分の押し込むタイプ*2
  • 運転席助手席のバニティライト
  • 助手席グローブボックスのライト
  • 車内天井のライト
  • トランクのライト

ざっと挙げるとこんなものでしょう。

そのうち、使用頻度が高いのは太字(赤字)になっているライトですよね。
計3個のライトの交換を進める事にしました。

楽天市場の業者で注文

計3個のライトを注文する必要がありますが、交換する箇所のLED化はそれなりに需要があるらしく既にセット販売されているようでした。

その中でも「イネックスショップ」さんのRIDEシリーズのセットがお値段的も良さげだったので注文してみました。私は楽天市場で購入しましたが、Amazonでも取り扱っているようです。

商品到着:開封の儀

早速メール便で届きました。
配達員の人も大変なのでここまで書かなくても、とは思いますが…。

梱包用のプチプチで包まれています。

内容物です。
取り扱い説明書が1部、それぞれのライトが計3つ入っています。

運転席・助手席の上部にあるライトです。
LEDが4*4の計16発になっています。

裏面は3Mの両面テープ?になっています。

端子部分は車内灯ではいたって普通のものです。
ちゃんと+-があります。

続いて天井のライトです。
こちらのLEDは 2*6 の計12発となります。
BL型アクセラの天井と比べると発数は少なく感じます。

裏面は同じように3Mの両面テープ?です。

端子も同様ですね。

今回交換したいライトのLEDはちゃんと揃っていましたので、早速取り付けてみましょう。

アクセラへのセッティング

取り扱い説明書にも記載されていますが、ライト交換時はバッテリーのマイナス端子を必ず外して交換しましょう。

ライト交換はライトの蓋を外して、端子の+-を間違えない様に交換するだけなので、慣れなくても10分もあれば完了できると思います。

では、さっそく点灯してみましょう。
まずは天井のライトから。

6*2 計12発では少ないかと思いましたが、十分明るいです。
純正の白熱電球ライトとは比べものになりません。

運転席・助手席ライトもかなり明るく、まぶしくなりました。
4*4 計16発なのでやや明るすぎるかもしれません。
また、交換時にライトの中央にLEDをセットするのが難しいです。
(写真でもずれているのがわかりますね)

今回交換したものを全灯してみました。
夜とは思えない明るさです!

まとめ

狙った、BL型アクセラの社外品格安LED化の効果は絶大でした。
改めて流れを簡単にまとめると、

  • 車内灯のサイズに合う、LEDを確認する。(イネックスショップさんのRIDEシリーズはOK)
  • プラスとマイナスを間違えない様にして従来の白熱灯と交換
  • LED点灯!眩しすぎる…。

純正のLEDはかなりお値段が高めなので、格安で車内灯をLED化したい方は是非オススメです。

コメント