2台持ちで格安SIM導入のお話

デジタル・家電

以前はソフトバンクのiPhoneを使用していましたが、2年以上契約しているのに月々の支払料金が8,000円超えとなっている状況でした。

データ通信料を見ても使用しているのは2GBも満たしていません。あまりにもぼったくられている感があったので格安SIMとの併用を決意したのが、2016年の6月でした。

ソフトバンクの契約を残した理由

古くはJ-PHONE時代からずっと契約をしており、メールアドレスも「…@c.vodafone.ne.jp」のアドレスを使用していました。

このキャリアのメールアドレスをどうしても捨てることができない理由があり、ガラケーとデータ通信SIMスマホとの2台持ちとすることしたのです。

2台持ちにした場合でも、月々の支払は…

ソフトバンク(ガラケー契約):2,500円~3,000円

※従量課金なので電話使いすぎると高くなります

格安SIM(IIJmio):1,125円

計:4,000円前後

となるので、明らかに安くはなります。

端末は自力で用意しました

注意事項としてガラケーとスマホの端末については別途自分で用意する必要があります。つまり初期投資はそれなりにかかります。

ガラケーは、中古白ロム端末をダイワンテレコムさんから購入。

→ SHARPの105SHの中古品、5,000円くらいでした。

スマホはApple Online StoreからSIMフリー版のiPhone6sPlusを購入。

→ キャリア経由で契約するのと異なり、SIMフリー版は桁が6桁を超えました…。

で、結局安くなってんの?使えてんの?

まだ契約して1年未満なので何とも言えませんが、シミュレーション上は2年以上使い続ければ確実に安くなるのは間違いありません。SIMフリーのiPhoneを買った場合の計算については他サイトさんでもよく記事に上がりますが、自分の場合も同じような結果になりそうです。

通信品質ですが、IIJmioはドコモの回線を使用しているのもあって私の生活圏内では平日のお昼休み(12時前後)以外でストレスを感じたことはありません。平日のお昼休み前後でも若干遅いかな…と感じるレベルなので、通常使用する分にはまったく問題ありませんでした。

キャリアのメールアドレスを捨てることができれば、電話についても格安SIMに移行したいと考えています。