iPhone5をApple Renewプログラムに出してみた

iPhone

スマホの契約切り替えの傍らで、ずっと放置していたiPhone5があることを思い出しました。

”ちょっと”バッテリーが膨張しているのでずっと放置していたものです。

さらに放置するわけにもいかないので、どこかで回収してくれるところはないかと探してみたところ、

Apple公式でiPhoneの回収を行っていることに今更ながら気がつきました。

Apple(日本)

お、iPhone5以降を回収しているではありませんか?バッテリーが膨張しているのでギフトカードを貰えるとは微塵も思っていませんが、放置するよりは…という思いからリサイクルプログラムに申し込んでみることにしました。

スポンサーリンク

リサイクルプログラムで申し込む

まずは、リサイクルプログラムの申し込み作業を行いますが、申し込みを行うAppleのサイトに買い取りまでのステップが書かれています。

  • デバイスの検索、申し込み
  • 送付キットの受け取り
  • デバイスを発送
  • Appleストアのギフトカード(査定額)を受け取り

まずは、今回査定してもらうiPhone5の登録作業になりますね。

iPhoneの場合は、IMEI(製造番号)を入力します。

すると、対象のiPhone5の情報が出てきました。きっとIMEI(製造番号)毎にデータベースに登録されているものと思われます。で、査定するiPhone5の状態を回答します。バッテリーは膨張していますが、それ以外はキレイなので以下の設問は全て「はい」(問題なし)で回答してみました。

  • 電源
  • ディスプレイ
  • デバイスのボタン
  • デバイス外観
  • 水漏れによる損傷
  • カメラ

全て「はい」で答えたせいか、満額の1,500円査定となりました。査定後はそうはならないだろうと思いつつもそのまま進みます。

次に連絡先メールアドレスを登録します。AppleIDのメールアドレスが自動的に入るわけではないので、受信できるメールアドレスならたぶん何でもOKです。

入力したメールアドレスに認証コードが発行されるので、認証コードを入力します。

改めてIMEI(製造番号)を入力します。前の画面で入力した内容を引き継いでくれよと言いたい。

送付キットの送付先を入力します。下のほうに「送付キットの受け取りには、一部のデバイスを除き本人確認情報を入力…」云々の注意書きが書かれています。

確認事項画面が表示されるので、5つの確認内容に全てチェックします。所有権移るよ、とか データ消しといてね、とか アクティベーションロックは解除してね などの内容です。

最後に利用規約に同意します。

受付完了画面が表示されれば入力は完了となります。あとは送付キットの到着を待ちましょう。

送付キットの到着・梱包・発送

入力してから3~4日ほど経った頃でしょうか。送付キットが到着しました。

写真は開封しちゃっていますが至って普通の小さなダンボール箱です。受け取る際ですが私は不在でしたが、佐川急便は家族に渡して去ったようです。本人確認はいいの?と思いましたが、一部のデバイスを除き…となるので、きっとiPhone5は「一部のデバイス」なんでしょう。(本当かな?)

ダンボール箱の中身はこんな感じです。スカスカです。

中身は、

  • 佐川急便の着払い伝票
  • Apple Renewプログラムの送付マニュアル
  • 梱包のプチプチ
  • 申込内容確認書
  • (写真にはないが)緩衝材としての紙

が入っています。

送付マニュアルの表と裏です。細かいことが色々と書いてありますが、やることは以下になります。

  1. 入力時に確認事項であった、iPhone初期化などの対応
  2. 申込内容確認書に署名し、切り取る
  3. プチプチにiPhoneを梱包
  4. 送付キットのダンボール箱に梱包したiPhoneと申込内容確認書を梱包
  5. 着払い伝票に差出人情報を記載しダンボール箱に貼り付け
  6. 佐川急便で発送

ポイントは送られてきた送付キットに入っている、緩衝材として入っていた紙とダンボール箱はそのまま返送に使うことです。だから捨てちゃだめ。私はダンボール箱を危うく捨てるところでした…。紙は捨ててしまっていたので、新聞紙で代用です。

最後の佐川急便で発送ですが、集荷依頼するか営業所・取次店に送付キットを持参するかのどちらかになります。

佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>
佐川急便は、宅配便事業を中心に、個人のお客さまから法人のお客さままで、物流とその周辺の様々な事業を展開しています。お荷物・宅配便を送ることから原料や素材の調達・集荷・納品など物流に関するお悩みは佐川急便にお任せください。

今回は面倒ですが「営業所・取次店に送付キットを持参する」ことしました。佐川急便のサイトから最寄りの営業所を検索、富士営業所に持参してみることにしました。

わざわざ佐川急便の営業所まで行くことはほとんど機会がないと思いますが、受付に行くと普通に預かって対応してもらいました。送付先は佐川急便の東京営業所らしいので翌日には到着するとのこと。

 

査定金額の連絡

送付キットの送付後、数日して査定結果がメールで届きました。

申し込みの時点のこちらの回答に対して、実際の査定の内容が表示されています。

  • 電源 ×
  • ディスプレイ ×
  • デバイスのボタン 〇
  • デバイス外観 ×
  • 水漏れによる損傷 〇
  • カメラ 〇
  • 査定額 1500円 → 100円

素人目には判断できませんでしたが、バッテリー膨張となるとこのような判定になり、査定額は一律100円になるようです。

ここで、査定額での買取を希望するかの最終判断を行います。ここでキャンセルした場合はiPhoneは送り返される形になるようです。今回は「100円でも回収してくれるだけマシ」というスタンスですので、買取希望を選択します。

これで買い取り手続きは完了となります。査定額の100円についてはAppleストアのギフトカードでメール送付されるようです。

さらに数日後、ギフトカードがメールで送付されてきました。そんなデカデカと100円て書かなくてもいいのに…。

リサイクルプログラムの感想

オンラインでの手続きになるので、情報の入力と送付キットの手続きが面倒なのは否めません。配送業者が佐川急便なのでコンビニからの発送ができないのも非常に面倒です。

ただ、私のような地方民にとってはiPhoneの買取をする業者も少ないことから、買取が行える貴重なサービスでもあります。またApple公式というのも大きいですよね。

査定金額の是非、相場に対して高いか安いかは判断できませんが、バッテリーが膨張したiPhoneでも100円で回収してくれるのは、普通に助かりました。

コメント