MNPで楽天モバイルに変更してみた

格安SIM

以前、「キャリアのメールアドレスをそのまま使用したい」 かつ 「月々の料金を抑えたい」という目的を達するためにデータ通信専用スマホとガラケーの2台持ちとなっている状態を記事にしました。

2台持ちで格安SIM導入のお話
以前はソフトバンクのiPhoneを使用していましたが、2年以上契約しているのに月々の支払料金が8,000円超えとなっている状況でした。 データ通信料を見ても使用しているのは2GBも満たしていません。あまりにもぼったくられている...

その後、「キャリアのメールアドレスをそのまま使用したい」という必要性もなくなったことから、データ通信スマホを通話SIMに変更、ガラケー廃止(電話番号は通話SIMにMNP)という手続きを進めることににしました。
データ通信スマホについてはiPhoneのバッテリー交換プログラムの対象なので、交換による電話が使えない状態を防ぐため、MNP移行前にバッテリー交換を実施しました。それが先日の↓の記事です。

iPhone6sPlusのバッテリー交換を配送修理でやってみた
手持ちの「iPhone6sPlus」をAppleサポートの配送修理でバッテリー交換を行ってみました。2018年内は特別価格が適用されますが、実際に使用しての状況・感想等をレポートしてみたいと思います。

バッテリーが復活したiPhoneも戻ってきたので、新年度開始早々にMNP切替を行うべく、手続きをしてみました。

スポンサーリンク

今回やりたいこと

現状の

  • データ通信SIMスマホ(iijmio)
  • ガラケー(ソフトバンク)

という2台持ち状態を

  • ガラケー…廃止(MNP転出)
  • 通話SIMスマホ(楽天モバイル、電話番号はMNPで転入)

とするのが目的です。

従って手続きの手順は以下になります。

  1. ソフトバンクにてMNP転出申込み
  2. 楽天モバイルにて通話SIM・MNP転入申込み
  3. 通話SIM受領、開通手続き
  4. iijmioにてデータ通信SIMの解約

楽天モバイルの課金タイミングは契約月の翌月から対象なので、月初に契約すれば当月内は無料となります。ですので、契約月の前月下旬からソフトバンクのMNP転出手続きを進める必要があります。

ソフトバンクにてMNP転出申込み

ソフトバンクのMNP転出方法は、色々なサイトで紹介されていますが方法は3つと理解しました。

  • 店舗での申し込み
  • カスタマーセンターへの電話申し込み
  • (ガラケーのみ)MySoftBankからの申し込み

店舗や電話は色々と引き留められる可能性が高いためあまりやりたくはありません。ガラケーのみですがMySoftBankから転出ができるとの情報があり、やりたいこともガラケーからの転出なので、今回はMySoftBankからMNP転出を行ってみることとします。

MySoftBankのメニューの中にMNP関連のメニューがあるので、予約番号の発行に進みます。

アンケートがあるので答えていきます。まぁ料金が高いからですよね…。

MNP転出で自動的に解約、2年縛りの契約中は解除手数料がかかる旨が記載されています。チェックしないと先に進めません。重要事項説明みたいなもんでしょうか。

この予約番号の発行画面に進むのに時間がかかりました。「予約番号の発行に進みます」という画面がありながら、進んだ先はMySoftbankのメインメニュー画面…、実は「予約番号の発行に進みます」と表示されたら「MNP予約番号の確認」メニューを選択しないとこの画面に進むことができません。
ソフトバンクの解約させない意思を感じさせます。

予約番号の発行が完了すると、SMSで予約番号の通知が届きます。これでMySoftBankでの手続きが完了です。

やや苦戦しましたが、無事にMNP予約番号が発行されました。
画面にも注意書きがあった通り、キャリア契約は2年縛りになっていますので契約期間内の解約は解約手数料が取られます。ソフトバンクは9,500円。またMNP転出の事務手数料として3,000円も取られます。まりキャリアでの契約内にMNP転出をした場合は12,500円支払う必要があります。
今回は解約時の料金と契約完了時のトータル料金を比較した上で、解約時の料金のほうが安いことから契約完了を待たずに解約を行っている状態です。

楽天モバイルにて通話SIM・MNP転入申込み

MNP予約番号をゲットしたので、次は番号移行先の契約を申し込むことにします。移行先はMVNOならどこでも良かったのですが、楽天での買い物が多い事から「楽天モバイル」に移行することにしました。

楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM
格安スマホ/SIMへ乗り換えるなら、楽天モバイル。人気の高性能スマートフォンも続々登場!人気料金プラン「スーパーホーダイ」は、データも通話も使い放題で、だれでも月額1,480円(1年間)~

私は楽天のダイヤモンド会員みたいなので、割引が発生するのも大きなメリットです。また2018年3月末時点で3年間の長期契約を結ぶと2万円のキャッシュバックキャンペーンを行っていることも理由でしょうか。ソフトバンクへの解約金もこれで相殺できるので。

プランはスーパーホーダイSとしました。5分間電話かけ放題+2.0GBのデータ通信プランです。初年は楽天会員の場合 1,980円 ダイヤモンド会員の場合は更に500円引きとなるので、月々1,480円になる計算です。2年目以降は2,480円となりますが、楽天モバイルの場合はプラン変更は契約期間内でも認められているので、1年後に最も安いプランに変更するつもりです。忘れそうですが…。

楽天モバイルHPでの申込みで苦戦することはありませんでした。注意することは以下の事くらいだと思います。

  • SIMサイズ
  • MNP予約番号の入力
  • MNP開通手続きの選択

SIMサイズはお手持ちのスマホに応じて利用者が選ぶ必要があります。私のiPhone6sPlusはどのSIMなのかApple公式サイトで確認すると…。

Nano-SIMであることがわかりましたので、NanoSIMで申込みます。

MNP開通手続きは必ず「自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」を選択することですね。このチェックを入れることによってMNP変更手続きを行った日にほぼ不通期間なしで移行することができます。

今回は月初めの1日に契約を行いたいので、SIMのお届け日を4月1日に設定し申し込みを行いました。

通話SIM受領、開通手続き

4月1日に到着日時指定で楽天モバイルからSIMが届きました。

A4サイズの厚紙に包まれた梱包です。安定のヤマト運輸での配送ですね。

内容物です。SIMカードが入った冊子とユーザーズガイド、それから楽天のオプションサービスのチラシが入っています。SIMカードとユーザーズガイドが重要な書類ですね。

SIMカードが入った冊子の中身です。APN設定情報と注意事項およびNanoSIMが同梱されています。

では、回線の切り替えを行ってみましょう。まず、楽天モバイル開通受付センターにガラケーから電話し電話回線を切り替えます。

では、NanoSIMをiPhoneにセットします。元々は行っていたiijmioのデータSIMを抜き出して、今回届いた楽天モバイルの通話SIMに入れ替えます。

NanoSIMを入れてiPhoneの電源を入れたら楽天モバイルのプロファイルをインストールします。SIMが入っていた冊子のQRコードを読み取ってリンクをたどるとプロファイルのダウンロードができます。
今回はiijmioのプロファイルが入った状態だったので、先にiijmioのプロファイルを削除してから楽天モバイルのプロファイルをインストールしています。

ここで注意すべき点がありました。
画像を見ればわかりますが、プロファイルのインストールが完了してもなぜか圏外のままになっています。
手順が少し間違っていたようです。

  • 楽天モバイル開通受付センターにガラケーから電話
  • iPhoneの電源断
  • SIMの入れ替え
  • iPhoneの電源ON
  • iijmioのプロファイルを削除
  • 楽天モバイルのプロファイルをインストール

とやっていましたが、これでは圏外のままでした。以下の様にやる必要があります。

  • iijmioのプロファイルを削除
  • iPhone設定のデータSIM携帯番号を削除
  • iPhoneの電源断
  • SIMの入れ替え
  • 楽天モバイル開通受付センターにガラケーから電話
  • 15分以上待つ
  • iPhoneの電源ON
  • 楽天モバイルのプロファイルをインストール

つまり、iijmioのプロファイルのままの状態でMNPで切り替わったため、うまく認識できない状態になっていたようです。実際は何度も再起動して試行錯誤して認識できたのですが、結果から考えると上記の手順で問題ないはずです。

楽天モバイルSIMアプリを入れ通信料の確認をできるようになりました。これでMNPによる転入手続きは完了となります。(楽天モバイルSIMアプリを入れなくても転入は完了しておりますので念のため)

iijmioにてデータ通信SIMの解約

今まで契約していたiijmioを解約します。

格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio
高品質な格安SIM/格安スマホと取り扱う個人向けインターネットサービス「IIJmio(アイアイジェイミオ)」。第三者機関に選ばれてお客様満足度・通信速度No.1を受賞!スマホ取り扱い機種40機種以上!

キャリアと異なり2年縛り契約ではないので、解約時に違約金等は発生しません。また解約時のアンケートはありましたが、解約のサイトがわかりにくいなどの弊害はありませんでした。これは良心的だと思います。機会があればまた契約したいです。

まとめ

当初の目的は達することができました。キャリアの違約金・MNP転出および転入の手数料が発生していますが、長期でみれば十分償却できるコストだと思います。4月月初から楽天モバイルの契約を行うために3月最終週に1と2の手順を行いましたが、1週間強あれば全ての手続きが行える算段です。

私の使い方(電話はあまりしない、データ通信も月2GB前後)程度であれば、キャリアのスマホ定額プランは明らかにオーバースペックかつ値段が高い状態ですので、格安SIMのプランで必要十分な状況です。
楽天モバイルの場合は他の楽天サービスと連携させると色々とお得なので、楽天を使う頻度が多い方は検討の余地があると思いますよ。

コメント