HUAWEI P9lite 用に microSDカード(Samsung microSDXC Class10 UHS-1)を入れ替えしてみた

デジタル・家電

家族が使用しているスマートフォンはHUAWEI(華為)のP9Liteです。
格安SIM(楽天モバイル)で使用して、通常使う分には何ら問題はありません。
LINEとポケモンGOをやる程度ですからね。

P9LiteはmicroSDカードスロットがあるので、
内蔵ストレージが足りない場合は増設することができます。
今まではP9Liteに変える前に使用していた、ガラケーの1GBのmicroSDを使用していました。
(ガラケーからスマホへのデータ移行では役に立ちました)

さすがに古い規格の1GBでは容量も微々たるもので、使用する意味もあまりありません。
写真の容量を増やしたい、という要望もあったのでmicroSDを買い替えることにしました。

SamsungのClass10 UHS-1のmicroSDを買ってみた

まず、P9Liteの対応しているmicroSDを確認してみました。

メモリ
RAM:2GB / ROM:16GB / Micro-SDスロット(最大128GB)

そこまでハイスペックなものは求めていなかったので、
Amazonでかなり安く売っていた韓国サムスン製のカードを買ってみました。

Class10 UHS-I対応 64GB で\3,000程度ですのでかなりお得ですよね。
P9 Liteには十分な性能だと思います。
早速Amazonで注文してみました。

届いたパッケージです。モノが小さいのでシンプルなパッケージになっています。
これなら配送業者さんもポスト投函できるので良いと思います。

パッケージの中身です。
容量の目安がわかる説明書1枚とmicroSDカード+SDカードアダプターが入っています。
SDカードアダプターは正直不要ですが…。

SDカードアダプターとmicroSDカードの裏面です。
SDカードアダプターは中国製、microSDは韓国製なのがわかります。

microSDカードを入れ替えてみた

元々入っていたmicroSDカードを取り出します。
P9 LiteはmicroSDとsimカードが同じスロットでトレイが別になっています。
nano SIM×2のデュアルSIM仕様に対応しているからですね。
デュアルSIMとして使用しない場合はmicroSDカードを挿入できます。

今回買った64GBのmicroSDカードをトレイにセットし、スロットに差し込みます。
このトレイですが簡単に外れやすいので差し込んだ後にカードを認識しない場合は、
もう一度入れなおしたほうが良いと思います。
今回の入れ替えでも最初はSIMが認識しないというトラブルがありました。

microSDを認識した後のP9 Liteの画面です。
ちゃんと59.59GBと認識されました。

使ってみての感想

入れ替える前は写真の保存先を外部ストレージ(1GBのmicroSD)にしていたらしく、
数年前のmicroSDカードの性能の悪さもあって1枚の写真の保存に2,3秒かかっていました。
microSDカードを入れ替えたあとは、連写が可能になるくらい処理スピードが向上しました。

Class10 UHS-I対応 64GBで\3,000のmicroSDカードというのはかなりお得ですね。
韓国嫌いでなければ、普通にオススメのmicroSDカードではないでしょうか?

コメント